HYPER SBI2の使い方

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方⑫【「パソコン1台でOK!」の「画面レイアウト」】「画像付き」

こんにちは。

「HYPER SBI2」の画面の配置はどうすればいいの?

 

「パソコン1台」でもトレードできるの?

 

こんな疑問をもっておられませんか?

 

そこで、今回は、

ポイント

「HYPER SBI2」の「画面」のレイアウト(配置)をご紹介します。

 

使う画面はたった3つ!

 

とてもシンプルで使いやすいですよ♪

 

この記事をご覧いただくことで、

GOOD

「パソコン1台」でも、「HYPER SBI2」でトレードができます!

GOOD

「HYPER SBI2」の「画面」のレイアウト(配置)がわかります。

GOOD

実際によく使う「画面」や、「ツール」がわかります。

 

 

すべて「画像付き」です。

 

画像の通りに進むだけ!

 

よかったら、最後までおつきあいをよろしくお願いいたします。

 

 

もし、画像が小さくて見えにくい場合は、下記のように「マウス」でコントロールしてみてくださいね。

basic-operations-of-the-hyper-sbi2-individual-issue-screen

 

 

こちらが今回の目次です。

見たい見出しをクリックすると、ジャンプしますよ。

 

 

 

もっと詳しく

「HYPER SBI 2」シリーズの一覧は、こちらをクリックしてくださいませ。

「HYPER SBI 2」シリーズの一覧

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1.「画面」の配置

 

ではさっそく、「画面」の配置を見ていきましょう。

 

 

こちらが、私が実際に使っている画面です。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

使っている画面は、下記の3つです。

 

・「ツールバー」        ⇒ 緑の枠の中

・「個別チャート」画面  ⇒ ピンクの枠の中

・「個別銘柄」画面    ⇒ オレンジの枠の中

 

 

 

イラストでは、こんな感じです。

 

 

 

「個別チャート」画面と「個別銘柄」画面は、重ねて使っています。

 

実際には上の図のように、「個別チャート」画面と、「個別銘柄」画面は重なっています。

 

ここがポイント

左側の「個別チャート」画面で「チャート」をチェックしつつ、

右側の「個別銘柄」画面で、すぐにトレードができる準備をしています。

 

画面は重なっていますので、クリックした画面が前面に出てきます。

 

もし「チャート」をじっくり分析したいときは、「個別チャート」画面のどこかをクリックします。

 

 

 

すると、「個別チャート」画面が前面に出てきます。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

 

 

 

実際は、こんな感じになっています。

 

ここがポイント

「チャート」をじっくり分析したいときは、「個別チャート」画面を前に出します。

 

これを相場中に繰り返しながら、トレードをしています。

 

 

 

ここからは、「画面の大きさ」の調整方法をお伝えします。

まずは、各画面の左上をご覧くださいませ。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

「▢」になっていることを確認する

 

 

 

もし下記のようなマークなら、「▢」に変更します。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

「▢」が2つ重なっているマークのときは、クリックして「▢」の状態にする

 

 

 

お好みの大きさに調整します。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

画面の4端にカーソルをあてる

   ↓

「↔」や「↕」が出たら左クリックしたまま調整する

左クリックしたまま動かします。

希望のサイズになったら、左クリックから指を放します。

 

 

 

さらに詳しく♪

 

 

さらに詳しく♪

 

 

 

2.「トレード」中にチェックする画面

 

ここからは、トレード中にチェックする画面をご紹介しますね。

「パソコン1台」でやるからには、別画面を起動することもあります。

ですが、見る画面は限られているので大丈夫ですよ。

 

 

お好きなものだけ使ってくださいね。

 

 

 

① 市場の動向

 

「市場の動向」は、必須ですよね。

 

 

ツールバーの右側をご覧くださいませ。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

市場の動向をチェックできる

ここで、「日経平均」や「日経平均先物」などをチェックしています。

チャートでもチェックできるのがありがたいですよね。

私は「日経平均」「日経平均先物」「NYダウ先物」を表示しています。

今は見えていませんが、「米ドル」も登録しています。

スクロールすると見ることができます。

変更もできますよ♪

 

さらに詳しく♪

 

 

 

② ミニチャート

 

「ミニチャート」は、別画面で拡大して見ることができるんです。

 

 

例えば、こんなときに使います。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

「チャート」を詳しく見たいときをクリック

 

黄色い枠の中をご覧くださいませ。

急落していますね。

そして、「日経平均」のミニチャート(紫の枠の中)も同じように急落しています。

ちょっと気になりますよね。

そんなときに、「ミニチャート」をクリックしてみます。

 

 

 

すると、別画面で「日経平均」のチャートを見ることができるんです。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

① 見たいものを選べます

    ⇒プルダウンで、色々選べますよ。

② 終了するときは「×」をクリック

 

 

 

③ ニュース

 

「こんなに急落して、何が起こったの?」って思ったときには、「ニュース」も見られます。

 

 

ツールバーの左側にあるメニューから「ニュース」をクリックします。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

「ニュース」をクリック

 

 

 

すると、「ニュース」画面が出てきます。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

① 気になる見出しをクリックすると、本文が読める

② 終了するときは「×」をクリック

 

このニュースでは、急落の理由はイマイチわかりませんでしたが、

こんな感じでニュースもチェックできます。

 

 

 

④ マーケット

 

「マーケット」情報を見てみるのもいいですね。

 

 

今度は、ツールバーの左側にある「マーケット」をクリックしてみましょう。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

「マーケット」をクリック

 

 

 

すると、「マーケット」画面が起動します。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

① ここでも「ニュース」が見られる

  気になる見出しをクリックすると、別画面で本文が読める

   ⇒先ほどのニュースはこちらでもチェックできます。

② 終了するときは「×」をクリック

 

色々な指標が、一目瞭然ですね!

 

 

 

見出しをクリックすると、今回は「ニュース」が別画面で起動します。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

① 別画面で、ニュースの本文が読める

② 終了するときは「×」をクリック

 

 

 

⑤ ランキング

 

「ランキング」は、私が一番よく使う画面です。

今どの銘柄が活況なのか、知りたいときにとても便利ですよ!

 

 

こちらもツールバーから起動します。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

「ランキング」をクリック

 

 

 

「ランキング」画面が出てきました。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

① 項目を選択できる

  ⇒今は、市場は「全市場」、ランキング内容は「ティック回数」を選択しています。

   お好みで色々チェックしてみてくださいね。

② 終了するときは「×」をクリック

 

 

 

⑥  ヒートマップ

 

「ヒートマップ」は、リアルタイムの相場状況を知りたいときに便利です。

先ほどの「ランキング」とは、違った視点で見ることができますよ。

 

 

こちらもツールバーから起動します。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

「ヒートマップ」をクリック

 

 

 

「ヒートマップ」が出てきます。

(提供 SBI証券「HYPER SBI 2」)

① 銘柄にカーソルを合わせると、「同業種一覧」が見られる

② 終了するときは「×」をクリック

 

とても見やすいですよね!

 

 

さらに詳しく♪

ニュース」「ランキング」「ヒートマップ」につきましては、こちらの記事でご紹介しています。

4.各画面の名称」をご覧くださいませ。

 

 

 

3.「アラート」を使う

 

ここまでは、いかがでしたか。

「ツールバー」「個別チャート」画面、「個別銘柄」画面、3つだけで大丈夫なの?

と思われたかもしれませんね。

 

そこで、頼りになる「アラート」機能をご紹介します。

 

ポイント

「アラート」は、指定した金額に達したら知らせてくれる機能です。

 

GOOD

「アラート」機能を使えば、複数の「銘柄」を、同時に監視できますよ

 

例えば、「○○円以上」、または「○○円以下」になったら通知するように設定しておきます。

そうすることで、エントリーチャンスを逃す心配がなくなります。

結果、「アラート」の通知が来るまでは1つの銘柄に集中できるのです。

 

ぜひぜひ「アラート」機能を使ってくださいね!

 

さらに詳しく♪

 

 

 

4. まとめ

 

大変お疲れ様です。

今回は、画面3つでトレードする方法をお伝えしました。

最初は、色々な画面を同時に見るのは難しいですよね。

 

ですので、

ポイント

まずは、「ツールバー」「個別チャート」画面、「個別銘柄」画面だけを使ってみませんか。

 

慣れてきたら、皆さまの使いやすいレイアウトに作り替えてくださいね。

 

そして、

ポイント

トレードをサポートしてくれる大切な機能は「アラート」です。

 

今まで使ったことがない方も、一度試してみてくださいね。

 

今回の記事が、何かお役に立てればとても嬉しいです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

こちらもオススメ♪

SBI証券の、「HYPER SBI2」に関するページです。

HYPER SBI 2|SBI証券 (sbisec.co.jp)

 

 

お願い

情報は2023年1月現在のものです。

状況は変わる場合がありますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

 

こちらもオススメ♪

「HYPER SBI 2」シリーズの一覧です

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方① 【ダウンロード】~【画面の名称】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方②【環境設定】【取引パスワードの保存】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方③【市況情報】【通知エリア】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方④ 【個別チャート」画面】【基本操作編】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方⑤ 【個別チャート」画面】【カスタマイズ編】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方⑥ 【個別銘柄」画面】【基本操作編】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方⑦ 【個別銘柄」画面】【「株の売買」基本操作編】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方⑧ 【個別銘柄」画面】【「株の売買」逆指値編】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方⑨ 【OCO注文とは】【OCO注文のやり方】「画像付き♪」

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方⑩【IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文のやり方】画像付

続きを見る

【超初心者】「HYPER SBI2」の使い方⑪ 【アラート】の使い方 【画像付】

続きを見る

今は、この記事です♪

 

スポンサーリンク

-HYPER SBI2の使い方
-, , , , , , ,