デイトレについて デイトレード

【株デイトレ】「初心者」が負ける理由はこの5つです。これを克服すれば大丈夫です!

2021年1月19日

こんにちは。

「デイトレ」や「株式投資」で、なかなか勝てない

と、悩んでおられませんか。

株式投資には、うまく行くときと、行かないとき、波がありますよね。

 

私は超初心者ですので、残念ながら

こうすれば、勝てます!

と、ご提案することはできません。

 

ですが、

こうすると、負けますよ

ということなら分かります!

負ける経験は人一倍していますので(涙)

 

ようやく利益が出るところまで来ていたのですが、ここのところ、また負けが続いています。

そこで今回は、自分の負けパターンを振り返ってみることにしました。

 

結論から言って、ほぼ自爆です。

逆に言えば、

自爆を無くせば勝てるんです!!

 

早速どんな自爆をしているのかを見て行きましょう。

きっと共感していただけることが多いと思います。

 

こちらが目次です。

 

よかったら、最後までお付き合いをよろしくお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1. ポジポジ病

why-you-lose-in-stock-investment

 

「ポジポジ病」とは、常に何かに投資をしていたい症状のことを言います。

 

せっかく参加しているのだから、何か買わなきゃ

今日こそは結果を出さなきゃ

と、変な力が入っていることはありませんか。

 

恥ずかしながら、私は毎回そうかもしれません。

でも、そういう気持ちで買った銘柄は、結局うまくいかないことが多いんですよね。

なぜなら焦るあまり、自分のルールに合っていない銘柄を買っていることが多いからです。

 

 

ポイント

「今、本当にこの銘柄は買い場なのか」、ポチる前に自問自答してみませんか。

 

バーゲンセールで不要なものまで買ってしまった時のように、

「何で買ってしまったんだろう」と、後悔のないようにしたいですね。

 

 

 

2. ジャンピングキャッチ

why-you-lose-in-stock-investment

 

これは本当によくやってしまうんですよね。

私は基本、上昇トレンドに乗る手法です。

ずっと監視していた銘柄でも、一瞬のためらいや、少し目を離したタイミングで急騰することがあります。

 

そういう時は機会損失として見送ればいいものを、

せっかくずっと監視していたのに~

ここから先も、もうちょっと上がり続けるはず

自分都合の理由で買ってしまうんですよね。

 

もちろんそのまま上がってくれて、間に合うこともあります。

ですが、それはたまたまラッキーだっただけなのです。

毎回やっていると、トータルでは負ける事の方が多くなります。

 

なぜなら、買ったところが頂点で、そこから下落、つまり「高値づかみ」というリスクがあるからです。

 

機会損失では自分の資金は1円も減りません。

ですが「高値づかみ」をしてしまったら、「ロスカット」という実損が発生してしまうのです。

チャンスは何度でも訪れてくれます。

 

「行ってらっしゃい、またの機会にね」

と笑顔で見送れるようになりたいですね。

 

 

 

3. ロスカットの遅れ

why-you-lose-in-stock-investment

 

「下がったらロスカット」

頭では分かっていることですよね。

でもこれが、本当にむずかしいと思いませんか。

 

「ロスカット=自分の資金が減る」

という事実を突きつけられているのですから、

何とか回復してほしいと願ってしまうのも当然です。

 

次の移動平均線を割ったら、ロスカットしよう

次のサポートラインで折り返すだろう

 

と自分に都合よく考えて、「もう無理~」とロスカットしたところが実は底で、そこから上昇開始。

なんて、悲劇もありますよね。

 

これをやめないと、大きな損失ばかりをくり返し、退場する日が一気に近づいてしまいます。

 

下記のことを頭に、そして心に刻みたいですね。

 

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

 

 

① トレードに全勝を目指さない、1勝9敗でも、トータルで勝てば正解

 

トレードの一つ一つに対して、「勝った、負けた」と評価したくなりますよね。

ですが、ロスカットは負けでありません。

投資の一つの戦略であり、過程に過ぎないのです。

 

ですので、

GOOD

1勝9敗でも、トータルでプラスになれば、勝利なのです。

 

流れが悪い日はさっさと撤退しましょう。

そして、乗れそうな日にしっかり取れるといいですね!

 

 

 

② ロスカットの回数が多くても、失う金額が少なければOK

 

ロスカットが遅くなればなるほど、損失がふくらみます。

3000円のロスカットを10回したとしても損失は3万円です。

ところが、1回で3万円もロスカットをしてしまうと、もう気力さえ失ってしまいます。

 

逆に、

GOOD

早めにロスカットが出来れば、優位なポジションで再度入りなおすこともできますよね。

ロスカットをコツコツ続けて、来たるべきチャンスに備えましょう!

 

 

 

③ 買う前にロスカットラインを決め、死守する

 

どこで利益確定しようかな

と考えると同時に、

どこでロスカットしよう

と、決めることがとても大切です。

 

なぜなら、初心者はきっと、下がりだしたらあわてて固まってしまうからです。

何もできないまま、株価はきっと一気に下落していきます。

その間に、損失がふくらんでしまいますよね。

 

私もまさに、このパターンです。

もちろん、毎回ロスカットラインを決めています。

ですが一瞬の急落でそのラインを割ってしまった時に、すぐに対応できない自分がいるのです。

 

そんなときのために、最初から「逆指値注文」を入れるという方法もあります。

 

 

 

以前はなかなか逆指値を入れられずにいました。

なぜなら、一瞬の下げ(いわゆる下髭)で売り注文にひっかかり、すぐに上昇するという悔しい思いを何度もしたからです。

 

ですが、それ以上に暴落に対応できないまま、大きな損失を何度も出してしまいました。

こんなことを続けていては退場です!!

 

ですので、今では注文した後に、すぐに逆指値を入れるようにしています。

 

 

 

 

 

4. 少額での利益確定

why-you-lose-in-stock-investment

 

少し含み益が出たところで停滞しているとします。

もう「利益確定」して、逃げ出したくなりませんか。

 

このまま下がったら、せっかくの利益がパーになっちゃう

と思って少額で利益確定した直後に、停滞期を脱して爆上げ。

私は何度も、何度もこういう経験をしています。

 

利益は確保したんだし、ありがたいと思わなきゃ

再現性のあるトレードが大切

確かにそうです。

 

でも、それでは勝てないんですよね。

つまり、ロスカットの回数や金額が多いので(涙)、少額の利益ではトータルでマイナスなのです。

 

例えばですが、

ポイント

今日の目標利益を達成した日」だけ、利益を伸ばすことにチャレンジするのはいかがでしょうか。

 

ココに注意

もちろんエントリー中の銘柄に、含み益が出ている状態でのチャレンジが必須ですよ。

 

 

例えば、こんなルールで撤退するのはいかがでしょうか。

 

「テクニカル」で判断

⇒ 「この移動平均線を割りこんだら撤退」など、テクニカル指標を見ながら判断します。

 

「トレーリングストップ」

⇒ 逆指値を入れて、さらに上を目指す方法です。

  

例えば、1000円で買った株が1030円になっているとします。

逆指値を1020円に入れて、様子をみます。

株価が1050円になったら、逆指値を1040円に変更します。

こうすることで、最低限確保したい利益が 20円 ⇒ 40円 に増えましたね。

もちろん1050円で利益確定してもOKです。

欲しい利益を確保しつつ、上を目指す方法です。

 

「逆指値」注文は、「ロスカット」だけでなく、「利益確保」にも使えてとても便利ですよね!

 

もっと詳しく

※「トレーリングストップ」について、詳しく知りたいときはご覧くださいませ。

トレーリングストップ注文を使って自動で利確!その設定と活用法を伝授 (openeducation.co.jp)

 

 

ポイント

【同時に地合いや、銘柄選びも重要です】

その日の相場全体が、上昇している日の方がチャンスがあります。

強い好材料が出た銘柄が、大きな利益が取れる可能性が高いです。

 

 

お願い

皆さまにとっては、マイルールからはずれてしまう方法かもしれません。

「今後のトレードに癖が残りそう」と思われる場合は、やめておいてくださいね。

 

 

事前の準備も忘れないようにしましょうね。

 

 

 

 

5. マイルールが決まっていない

 

そもそもですが、「マイルール」は決まってますでしょうか。

上昇相場に乗る、

下落局面を狙う、

色々な方法がありますよね。

 

まだ初心者ならば、まずは一つの手法に決めた方がいいのではないかと思っています。

そう言いながら、実は私が色々やっちゃってます(汗)

 

例えばですが、上昇トレンドに乗る方法の場合、初心者は全面安の日はお休みすべきなのです。

 

 

 

それなのに何か手を打ちたくて、

慣れていない下落局面にも手を出してしまっていました。

結局、ポジポジ病がそうさせるのかもしれません。

何一つマスターできていないのに、これではダメですよね。

マイルールを決めて、順守することにも目を向けてみましょう。

そして、もし色々試すならば、デモトレの場で成果を出してからにしないと!ですね。

 

 

 

 

6. まとめ

why-you-lose-in-stock-investment

 

いかがでしたか。

この中に、当てはまる原因は見つかりましたでしょうか。

ある程度の知識とスキルが身についたはずなのに、負けてしまう。

 

それは、相場に負けているのではなくて、自分に負けているのです。

 

つまり、チャンスなのです。

 

なぜなら、

GOOD

自分さえコントロールできれば、勝てるということなのですから♪

 

確かに分かってはいても、とてもむずかしいです。

むずかしいですが、原因は分かっているのですから本当にシンプルですよね。

他の何にも干渉されずに、マイペースで出来る「デイトレード」が、私は大好きです。

 

 

それでも心が疲れてしまったら、一旦お休みしましょう。

 

実は今日はデイトレをお休みして、このブログを書いています。

おかげさまで、心の整理が出来た気がします。

とは言え、これからもたくさん失敗すると思います(汗)。

そのたびに反省したり、お休みしたりをくり返しながら、少しずつ成長していけたらと思います。

そしてこのブログが、何かのヒントやきっかけになれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

参考

ちなみに今回使っているチャートは「Trading View」です。

YouTubeでおなじみの高橋ダンさんも使っておられるツールです。

無料ですし、自分流にカスタマイズできて、とても便利ですよ♪

無料株式チャート、株式相場とトレードのアイデア — TradingView

 

 

 

 

 

-デイトレについて, デイトレード
-, , , , , ,