デイトレについて デイトレード

【株のデイトレで勝つためのステップ】【デモトレーダー】から【デイトレーダー】へ

2020年11月13日

こんにちは。

デイトレを始めたいけれど、損失を出したらどうしよう・・・

と、ご心配ではないですか。

怖いですよね。

大切な資金を減らしたくないですよね。

 

そこで、

実際のトレードの前に、【デモトレ】をおすすめしています。

 

 

このブログ内での【デモトレ】とは

資金を投入せずに、

「ここで売る」

「ここで買う」

をシミュレーションしてみることです。

 

 

例えば、水泳を習うときは、足が届く浅いプールで練習してから深いプールに行きますよね。

自転車に乗る時も、補助輪がついた自転車から始めますよね。

トレードも同じなのです。

 

そこで今回は「デモトレ」のやり方をご紹介しますね。

 

こちらが目次です。

 

 

 

大切な資金を減らさないために、「急がば回れ」です。

 

よかったら最後までおつきあいをよろしくお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1.【株デイトレーダー】になる前に【株デモトレーダー】になる理由

be-a-demo-trader-before-be-a-day-trader

 

【デモトレ】とは、

このブログ内では「デモンストレーション」と、「トレード」を足した言葉の略語ということでよろしくお願いします。

 

デモンストレーション(英語 demonstration)、略してデモ(demo)とは、物事は現実であることを確かに示すこと、事実であることを論証すること、実物に即して本物の機能を示すことなどを意味する。

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」(2020/10/24 00:41 UTC版)

 

まずは

 

デモトレで、今の手法に優位性があることを、自分の中で実証しましょう。

 

 

どんなに本を読んだり、

ネットで勉強したりして、

知識が頭に入ったとしても、

実際の相場は、全然セオリー通りにはいきません。

 

「きたきた、このパターン♪」

と飛びついても、全く逆方向に動いてしまうことも多々あります。

 

そんなときに

「わー、どうしよう」とオロオロしたり、

「絶対戻るはず!」と無謀な確信を持ったり、

「お願い、戻ってきて~」とお祈りしたり。

 

ちなみに、これは全て私のことなんですけどね(涙)。

でも、無情にも株価は戻ってこず、大きな損失となるのです。

 

「なぜ、あのタイミングでロスカットしなかったんだろう」

と後悔しても、あとの祭りです。

 

大切なお金を減らしたくないですよね。

 

ですので、まずはデモトレから始めましょう。

 

 

 

2.  デモトレのやり方

be-a-demo-trader-before-be-a-day-trader

 

【デモトレ】のやり方

 

 

 

この順番で見ていきましょう♪

 

 

 

①トレードをする時間帯を決めましょう

 

「前場」と「後場」の特徴です。

 

「前場」は値動きが活発です。

ですので、朝一番は値動きが激しすぎてどちらに向かうのかが分かりにくいです。

大きな利益を狙える半面、値動きが早すぎて、ついていけないかもしれません。

 

「後場」は、前場より落ち着いています。

前場の動きを参考にしながら、じっくり作戦を練ることができます。

その反面、前場の値動きが複雑すぎると今後の展開が読みにくいかもしれません。

 

皆さまのライフスタイルに合った時間帯や、ご自分の性格に合っている時間帯を検証してみてくださいね。

 

 

 

②デモトレ日誌をつけましょう

 

デモトレ日誌に書き込んでいる内容です。

 

 

 

1つず見ていきますね。

 

 

 

1.その銘柄を選んだ理由

 

好決算や、好材料が出たなど、選んだ理由を記録しましょう。

 

まずは、銘柄選びが大切ですものね。

きちんと理由を説明できる銘柄を選びましょう。

 

 

 

2.日足チャートのトレンド

 

今がどの状況なのか、これから上昇しそうなのか、日足チャートはトレンドの判断材料になります。

 

 

デイトレであっても、日足チャートは銘柄選びに役立ちますよ。

いい銘柄を選んだとしても、日足チャートを見ると、

トレードを避けた方が無難な場合があるかもしれません。

 

逆に、日足チャートの向きを見て、トレードチャンスの銘柄が見つかることもあるんです。

 

日足チャートも忘れずにチェックする習慣をつけましょうね。

 

 

 

3.前日の日足

 

例えば、

前日の日足が上髭陰線だったら、次の日も下がりやすいかもしれません。

 

これも判断材料の一つになります。

必ずではないのですが、一応チェックしています。

 

 

 

4.エントリーの金額と根拠

 

なぜ、そのタイミングで買ったのかを記録します。

 

例えば、

「サポートラインがあり、5日移動平均線と25日移動平均線のゴールデンクロスが確認できたから」

など、自分で根拠を示せるようになりましょう。

 

私の場合なんですが、

「あ、上がりそう」

と雰囲気で買ってしまい、何度も大失敗をしています。

 

ですので、

「なぜ買ったのか」を、自分に説明できるトレードを心がける

ようにしています。

 

 

 

5.利確、損切りの金額を決めてから、エントリーできたかの確認

 

「利確」と「損切り」をどこでするかを決めてからエントリーできたか、の確認です。

 

せっかく買ってから上昇したのに、

利益を引っ張りすぎてマイナスに転落したり、

ロスカットが遅すぎて、後悔したり・・・。

 

つまり、最初にルールを、決めておくことが大切なんですよね。

 

「5000円という、キリのいい単位で上げ止まると思ったから利益確定」

「50日移動平均線を下回ったからロスカット」

「自分なりのルール」を決めて、一貫したトレードができるようになりたいですね。

 

 

 

6.収支と振り返り

 

今日の流れや収支を振り返ります。

 

「あまり欲張らずに、もう少し早めに利益確定をしたほうがよかったのか」

「ロスカットはこの位置で間違いなかったか」

など、1つ1つのトレードについて考えてみましょう。

 

私は、これらを「エクセル」に入れてますが、「ノート」に記入するなどでもいいと思います。

 

その日だけでなく、しばらくして読み返してみると面白いです。

「この時は、こんな考え方でやってたんだなぁ」

と、初心に戻ったり

「結局、同じ失敗ばかり繰り返してる~!」

と、自分の失敗パターンに気付いたりすることも、あるかもしれませんね。

 

もちろん、この6点が正解とかではないです。

皆さまが、必要な情報を記録してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

③何度もデモトレして、いっぱい失敗しましょう

be-a-demo-trader-before-be-a-day-trader

 

そうなんです。

 

デモトレだから、失敗していいんです!

 

 

失敗と言っても、色々な失敗がありますよね。

 

例えば、

エントリータイミングのミス

利益確定の値決めのミス

ロスカットラインの決め方のミス

ロスカットそのものの遅れ

そもそも銘柄選びのミス

 

など、私がよくやってしまう失敗をあげてみました。

 

まだまだ色々ありそうですが、こういった失敗をたくさん繰り返してください。

 

その結果、

「どうして失敗したのか」が、分かるようになればいいですね。

 

そして、本番では、少しでも失敗を減らせますように。

 

 

 

④自分の得意なパターンを見つけましょう

be-a-demo-trader-before-be-a-day-trader

 

 

デモトレの間、嬉しいことに損失はないので、思い切った手法や冒険もできますね。

 

 

手法の中には、「順張り」、「逆張り」、「ブレイクアウト」など色々あります。

 

 

ご自分に合った投資手法が見つかるといいですね♪

 

 

 

3.  デイトレにデビューする目安

be-a-demo-trader-before-be-a-day-trader

 

デビューの目安は、【デモトレ】で3ヶ月連続でプラスになってからをオススメします。

 

なぜなら、ビギナーズラックであったり、地合いが関係したりするからです。

 

1ヶ月勝てただけなら、残念ながら、地合いが良かっただけかもしれません。

つまり、相場全体が上昇局面では、各銘柄も上昇しやすいことがあるからです。

一方で相場全体が下落局面の場合は、いい材料があっても上がりにくかったりします。

まして、今は新型コロナウィルスに影響され、相場がどうなるか分からない状況です。

色々な状況を経験してからのほうが安全です。

 

私は1ヶ月のデモトレで「イケる!」と早合点して、デビューしてしまい、

あれよあれよと、60万円の損失を出してしまいました。

もっと早くデモトレに戻ればよかったのに、

取り戻したい一心でトレードを続けてしまいました。

 

3ヶ月あれば、色々な相場観や、地合いを体験できると思います。

そして3ヶ月勝ち続けられれば、きっと大きな損失を出す可能性は低いと思います。

ぜひ、ゆっくりとデビューしてくださいね。

 

 

 

4.  デイトレしてから、デモトレに戻るのも、もちろんアリです

be-a-demo-trader-before-be-a-day-trader

 

これも私の経験談です。

デモトレではうまくいくのに、

本番ではうまくいかないというパターンです。

なぜなら、本物のお金を投入するからです。

緊張しますよね。

結果、少しの迷いでエントリーのタイミングが遅れることがあるのです。

それだけで、結果は大きく変わります。

 

それで負け続け、デモトレに逆戻りしてしまいました。

大反省してデモトレを再びがんばり、今に至っています。

 

皆さまには私のような失敗で、大切な資金を減らしてほしくないのです。

 

 

焦らずに、納得がいくまで、自信がつくまで、デモトレで自分の腕を磨いてくださいね。

 

 

こんなブログを書いておきながら、私もまだまだ修行が必要です(汗)。

お互いにがんばりましょうね♪

 

そして、これから投資を始められるなら

「2021年みんな株式ネット証券比較ランキング総合第1位」

「SBI証券」がおすすめです♪

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

-デイトレについて, デイトレード
-, ,