デイトレについて デイトレード

【初心者におすすめ】【株のデイトレ】で、銘柄の選び方に迷った時の【まとめ3つ】

2020年11月25日

こんにちは。

デイトレをする際に、どの銘柄に投資するか、悩むことはありませんか。

 

デイトレしたいけど、どんな銘柄がおすすめなのかな

 

そもそも、他のトレーダーさんは、どうやって探しているんだろう

 

私がデイトレを始めた時に、感じた疑問です。

 

株式市場の中でも東証は、「プライム」、「スタンダード」、「グロース」の3つの市場にに分かれていて、合わせて3000社以上あります。

この中から選ぶとなると、気が遠くなりますよね。

私も毎日、試行錯誤を繰り返していますが、今は3つのパターンで探しています。

ご参考になれば幸いです。

 

こちらが今回の目次です。

 

気になる見出しをクリックするとジャンプしますよ。

よかったら最後までおつきあいをよろしくお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1.材料のある銘柄

3-tips-on-how-to-choose-a-stock

 

好材料がある銘柄は、翌日に上がりやすいです。

 

ですが、絶対に上がるとは限りません。

 

なぜなら、その好材料をみんなが知っていて、

すでに株価に反映してしまっていることがあるからです。

 

もしくは、

もっと他のところに資金が流れたりして、株価に反映しないこともあります。

 

なかなか自分の思った通りにはいかないです。

ここが株の難しいところですね。

 

とは言え、

好材料があれば、注目が集まりやすく、上がる可能性もあります。

 

よかったらチェックしてみてくださいね。

 

探し方ですが、「株探」、「Yahoo!ファイナンス」や、「各証券会社のホームページ」 などでもチェックできますよ。

 

 

 

 

 

 

参考

「SBI証券」ホームページ

マーケット|SBI証券 (sbisec.co.jp)

 

 

チェックする項目は下記の3つがオススメです。

 

一緒に見ていきましょう。

 

 

 

①  検索ランキング

検索ランキングの上位にあがっているということは、「投資家が注目している銘柄」ということですね。

要チェックです!

 

 

②  ヘッドラインニュース

ニュースになっている銘柄も、注目されやすいです。

 

 

③  株式ランキング

「値上がり率上位」

「出来高上位」

「売買代金上位」

からも、旬の銘柄が分かりますよ。

 

 

 

2.お気に入りの銘柄を見つける

3-tips-on-how-to-choose-a-stock

 

面白いことに、銘柄によって、特徴があるんです。

 

まずはこの3点をチェックして自分に合った銘柄を見つけましょう♪

 

 

では具体的に見ていきますね。

 

 

 

①「値幅」や「値動き」を見る

3-tips-on-how-to-choose-a-stock

 

1分の間にも、値幅が大きく動く銘柄があります。

 

⇒ 注文を入れるタイミングがとても難しいです。

 

1900円で注文しようと思ったら、1945円になり、

今度は1850円に下がったりして、

1分足のチャートもギザギザです。

 

 

1日の間で値動きが激しい銘柄もあります。

 

⇒ 値幅や値動きの激しい銘柄は、 うまく乗れれば大きな利益が出やすいです。

  ですが、 その反面、損失のリスクも大きくなります。

 

グーンと上がったと思ったら、ナイアガラの滝のように一気にストーンと落ちることがあります。

これにやられたら、しばらく凹みます。

 

 

ずっと横ばいの銘柄は、あまり利益が出ません。

 

⇒ その代わりに、大きな損失のリスクも少ないということになります。

 

 

ポイント

最初は、値動きの小さなものから始めてみると安心ですね。

 

そして、慣れてくると自分に合った値動きの基準がわかってくると思います♪

 

 

 

②「売買高」や「出来高」を見る

3-tips-on-how-to-choose-a-stock

 

人気銘柄や材料が出た銘柄は、とても売買が盛んです。

 

⇒ 値動きが激しすぎて、ついていけないかもしれません。

 

 

なかなか売買が成立しない銘柄もあります。

 

⇒ 売買が成立しにくい銘柄は、「デイトレ」には向いていません。  

 

 

板の厚い銘柄(※1)に、指値注文(※2)をしたときには、なかなか約定(※3)しないないことがあります。

 

⇒ つまり、なかなか自分の順番がまわってこないんですよね。

 

メモ

※1「板が暑い・・・指値注文をしている人が多い状態のこと。注文を入れた順番に売買が成立します。

※2「指値注文・・・金額を指定して、売りや買いの注文を出すこと。「指値注文」以外に、金額を指定しない「成行注文」もあります。

※3「約定・・・売買が成立すること。

 

 

最初から、値動きが激しい銘柄にはついていけませんよね。

かと言って、売買が成立しないのも困ります。

 

ほどほどに売買されている銘柄が安心ですね。

 

そして慣れてくると、自分に合う銘柄がわかりますよ♪

 

 

 

③  株価の「桁数」を見る

3-tips-on-how-to-choose-a-stock

 

「792円」など、「3桁」の銘柄もあれば、「65,000円」など、「5桁」でとても高額な銘柄もあります。

 

ちなみに、

「株式」は、100株単位で購入します。

 

例えば、792円の株価の場合、792円×100株=79,200円で、購入することになります。

 

また、30万円が予算の場合、

✔700円x400株

✔1500円x200株

✔3000円x100株

のような買い方ができますね。

 

もちろん、30万円を一気に全額投入しなくて大丈夫ですよ。

 

ですが、

予算いっぱいの金額を100株だけ、

もしくはたくさん買いたいから「3桁」の株にするなど、

好みの「桁数」を見つけておくと、取引がしやすいです

 

 

3-tips-on-how-to-choose-a-stock

 

 

銘柄によって、クセがあります。

そのクセが分かるようになれば、優位性が増しますよね。

 

ですので、

決まった銘柄をひたすら追いかけるのも、1つの方法だと思います。

 

私も毎日チェックしている、「お気に入りの銘柄」が何個かあります。

結局はその銘柄でトレードをしていることが多いです。

値動きの特徴がわかるので、安心感があるんですよね♪

 

 

 

3.チャート形状で探す

3-tips-on-how-to-choose-a-stock

 

日足チャートでも、「明日上がりそうだな」と感じる銘柄を探すことができます。

 

でも、たくさん銘柄がある中で、全部の日足チャートをチェックするのは無理ですよね。

そこで、 オススメは「スクリーニング機能」です。

私はSBI証券を利用していますが、どの証券会社でも「スクリーニング機能」があると思います。

スクリーニングすることで、いい銘柄に出会えたときは、とても嬉しいものです♪

 

 

 

 

 

4.3つを組み合わせるのもアリです

3-tips-on-how-to-choose-a-stock

 

私の場合、 常に「50銘柄」ぐらいをお気に入りに入れています。

その中で、 毎日入れ替えをしています。

 

① 材料のある銘柄を足していく

② SBI証券の「HYPER SBI 2」の「寄前気配上昇率上位」の中からピックアップ

③ 日足チャートを見て、下落トレンド入りした銘柄をはずす

④ お気に入りの「レギュラー銘柄」は、常に50銘柄の中にキープ

⑤ 期待できる順番に並べ替える

 

これを朝の9時までにやってしまいます。

せっかくこうして準備しても、残念ながら思い通りにいかないのが株の世界です。

ですが、優位性や可能性を少しでも高める事で、勝率が大きく変わってくると思います。

 

しかも、うまくいった時はとっても嬉しいです!!

 

ご自分に合った銘柄選びの方法がみつかるといいですね♪

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

参考

※超初心者の方には最初はデモトレをおすすめしています。

 

-デイトレについて, デイトレード
-, ,